ページの先頭です。 メニューへ行きます。 コンテンツへ行きます。 大分国際車いすマラソン大会
  こども版
サイトマップ English
ここからメニューです。
ホーム
第36回大会情報
車いすマラソンとは
レーサー
記録
ヒストリー
ライブ
ムービー集
写真集
協賛会社
協賛企業募集
バリアフリーマップ
リンク
お問い合わせ
ここからコンテンツです。

車いすマラソンとは

レーサー

80年代初め80年代後〜90年代初め現在

1981年の第1回大会当初は、4輪のものしかなく、通常の生活用車いすで出場した選手も多かった。

現在では、3輪タイプが主流となり、材質もアルミ、チタン等で軽量化され、軽いものでは、6キログラム台である。また、ホイールベース(前輪と後輪の間の距離)も長くなってきている。前輪は、18〜20インチ、後輪は、26〜27インチが多く使用されており、タイヤは、自転車競技用の細いものが使用されている。

1983年の第3回大会のマラソン優勝記録2°07′54″と、1999年の19回大会の大会最高記録1°20′14″とのタイム差は47分40秒あるが、この記録の短縮は、車いすの改良によるところも大きいと考えられる。

大分国際車いすマラソン大会事務局
大分県庁 障害福祉課内
〒870-8501 大分県大分市大手町3-1-1
TEL:097-533-6006(直通) 097-536-1111(内線2735〜2738)
Mail:kurumaisu-marathon@pref.oita.lg.jp