ページの先頭です。 メニューへ行きます。 コンテンツへ行きます。 大分国際車いすマラソン大会
  こども版
サイトマップ English
ここからメニューです。
ホーム
第37回大会情報
車いすマラソンとは
記録
ヒストリー
障がい者スポーツ(車いすマラソン関連)略史
「大分国際」誕生の経緯
中村裕博士について
グットマン博士について
国際ストーク・マンデビル車椅子スポーツ連盟
偉大な選手名鑑
全大会のトピック
シンボルマーク・ロゴマーク
ライブ
ムービー集
写真集
協賛会社
協賛企業募集
バリアフリーマップ
リンク
お問い合わせ
ここからコンテンツです。

ヒストリー

シンボルマーク・ロゴマーク

シンボルマーク

大分国際車いすマラソン シンボルマーク

1. デザイン

大分国際車いすマラソン大会の公式シンボルマークは、大分県立芸術短期大学(当時:現在の公立大学法人大分県立芸術文化短期大学)の教授・大蔵善雄氏のデザインをもとに、大会実行委員会が第2回大会時(昭和57年)に定めたものである。

このマークは、ふたりの人間が手を結び、互いの連帯・協調を 誓い合っている姿を象徴している。それを取り巻く月桂樹は、勝利と友愛を表している。

2. 製作の経緯

昭和56年の国際障害者年の記念事業として開催した「大分国際車いすマラソン大会」が、昭和57年以降も継続開催されることとなり、第2回以降の大会への理解と協力を高めるために作製したものである。


ロゴマーク

大分国際車いすマラソン ロゴマーク カラー 大分国際車いすマラソン ロゴマーク モノクロ
カラー版 モノクロ版

1. デザイン

大分国際車いすマラソン大会の公式ロゴマークは、第30回記念大会(平成22年)に際して大会実行委員会が定めたものである。

競技用の車いす(レーサー)へ乗り、フィニッシュに向かって力強く疾走する選手の姿は、第30回を記念して、30°右に傾けた大分県の地形をそのまま使用している。

2. 製作の経緯

植松桃子氏(大分市)が、大分県障害福祉課でのインターンシップ中の平成21年8月、原画を作製した。

その後、植松氏が部長を務めていた大分大学漫画研究部に清書を依頼し、部のOBであった日隈毅氏(九重町)の作品をベースに最終調整を行った結果、両氏の共同製作として平成22年4月、完成に至ったものである。

>> 商品等への利用はこちら「大分国際車いすマラソン大会ロゴマークの使用に関する規程」

ページのトップへ
大分国際車いすマラソン大会事務局
大分県庁 障害福祉課内
〒870-8501 大分県大分市大手町3-1-1
TEL:097-533-6006(直通) 097-536-1111(内線2735〜2738)
Mail:kurumaisu-marathon@pref.oita.lg.jp