ページの先頭です。 メニューへ行きます。 コンテンツへ行きます。 大分国際車いすマラソン大会
  こども版
サイトマップ English
ここからメニューです。
ホーム
第37回大会情報
車いすマラソンとは
記録
ヒストリー
障がい者スポーツ(車いすマラソン関連)略史
「大分国際」誕生の経緯
中村裕博士について
グットマン博士について
国際ストーク・マンデビル車椅子スポーツ連盟
偉大な選手名鑑
全大会のトピック
シンボルマーク・ロゴマーク
ライブ
ムービー集
写真集
協賛会社
協賛企業募集
バリアフリーマップ
リンク
お問い合わせ
ここからコンテンツです。

ヒストリー

国際ストーク・マンデビル車椅子スポーツ連盟

国際ストーク・マンデビル車椅子スポーツ連盟

(ISMWSF=International Stoke Mandeville Wheelchair Sports Federation )

本部を英国のロンドンの北西60キロのエールズベリー(Aylesbury)市のストーク・マンデビルスタジアムに置く。脊髄損傷者、ポリオなどの車いす常用者のための世界的で伝統のあるスポーツ大会「国際ストーク・マンデビル車いす競技大会」(International Stoke Mandeville Wheelchair Games)を主催している。

同連盟は、世界各国の国内組織をもって構成されており(加盟75カ国)、わが国も「財団法人日本身体障害者スポーツ協会」(会長・北郷勲夫)が加盟している。

イギリスのチャーチル首相が、第2次世界大戦での戦傷者を受け入れるためにストーク・マンデビルの地に国立の脊髄損傷センターを建設した。その院長に迎えられたのが、グットマン博士である。博士は、「失われた物を数えるな。残されたものを最大限に生かせ」と、残存機能の強化訓練のためにスポーツを取り入れた。これが、ストーク・マンデビル車椅子スポーツ連盟の起こりである。

大分国際車いすマラソン大会事務局
大分県庁 障害福祉課内
〒870-8501 大分県大分市大手町3-1-1
TEL:097-533-6006(直通) 097-536-1111(内線2735〜2738)
Mail:kurumaisu-marathon@pref.oita.lg.jp