ページの先頭です。 メニューへ行きます。 コンテンツへ行きます。 大分国際車いすマラソン大会
  こども版
サイトマップ English
ここからメニューです。
ホーム
第36回大会情報
車いすマラソンとは
記録
ヒストリー
障がい者スポーツ(車いすマラソン関連)略史
「大分国際」誕生の経緯
中村裕博士について
グットマン博士について
国際ストーク・マンデビル車椅子スポーツ連盟
偉大な選手名鑑
全大会のトピック
シンボルマーク・ロゴマーク
ライブ
ムービー集
写真集
協賛会社
協賛企業募集
バリアフリーマップ
リンク
お問い合わせ
ここからコンテンツです。

ヒストリー

中村裕博士について

「大分国際車いすマラソン大会」の提唱者である中村博士は、昭和27年、九州大学医学部整形外科医局に入り、天児民和(あまこたみかず)教授に師事、リハビリテーションの研究を勧められる。

昭和35年、天児教授の勧めで欧米のリハビリテーションの現状を視察する。特にイギリスの国立脊髄損傷センター(ストーク・マンデビル病院)の院長グットマン博士の医療の方法に強い衝撃を受け、日本の立ち遅れに猛然と挑戦を開始する。

「日本では、医者は骨をつなぐだけで名医と言われるが、そこでは、患者が社会復帰するまで面倒を見ており、6か月で85%の人が社会に復帰し就職していた。」

家庭に閉じこもりがちだった身体障害者も社会に出て、健常者と同様の自立を促すため昭和36年、「第1回大分県身体障害者体育大会」の開催に尽力。また、昭和39年、東京パラリンピックの誘致に尽力。

昭和40年、「保護より働く機会を」をモットーに「太陽の家」を設立、保護や慈善にたよる日本の福祉を変えようとした。また社会に対しては「世に心身障害者はあっても仕事の障害はありえない。太陽の家の社員は、庇護者ではなく労働者であり、後援者は投資者である」と啓蒙した。

昭和56年、大分国際車いすマラソン大会の開催に尽力。

昭和59年7月23日、中村博士が死亡(57歳)。その当日、イギリスの、グッドマンスポーツセンターでは、第7回世界車いす競技大会(第7回パラリンピック)が行われており、会場では半旗が掲げられ、選手、観客全員が1分間の黙祷を捧げた。

亡くなった年の第4回大分国際では、中村先生の急逝を惜しむかのように、朝から雨が降っていた。しかし、スタート直前に雨がやんだことで絶好のコンディションとなり、アンドレ・ビジェ(カナダ)が、当時世界最高記録(1時間48分25秒)で優勝を飾った。

中村博士 略歴
昭和2年 3月31日 大分県別府市生まれ
昭和27年 九州大学医学部整形外科医局入り
昭和35年 欧米のリハビリテーションの現状を視察
イギリスの国立脊髄損傷センターの院長グットマン博士に強い影響を受ける。
昭和40年 太陽の家」設立
昭和36年 大分県身体障害者体育協会設立
大分県身体障害者体育大会開催
昭和39年 東京パラリンピック誘致
国立別府病院整形外科医長
大分中村病院院長
太陽の家」理事長
大分県身体障害者体育協会会長

財団法人 中村裕 記念身体障害者福祉財団ホームページ

ページのトップへ
大分国際車いすマラソン大会事務局
大分県庁 障害福祉課内
〒870-8501 大分県大分市大手町3-1-1
TEL:097-533-6006(直通) 097-536-1111(内線2735〜2738)
Mail:kurumaisu-marathon@pref.oita.lg.jp